音楽を主食とする化物ブログ

 

                                       視聴したアルバムを図々しくちょい辛口で批評したりします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

TOMOVSKY「幻想」(2009) レビュー 

幻想 1


日本のシンガーソングライター、TOMOVSKY(トモフスキー)の12thフルアルバム「幻想」を紹介します。

TOMOVSKYは大木知之氏によるソロユニットで、名前は大木氏の本名をロシア語っぽく文字ってみたことが由来になっているそうですね。

大木氏は1986年にカステラというバンドを結成し、1993年にバンドが解散したのち、トモフスキーとして活動を始めました。

ちなみに、The ピーズのボーカル・ベースである大木温之氏は双子の兄だそうで、容姿もよく似ています。TOMOVSKYのライブでもよくサポートメンバーとして参加していて、兄弟揃ったステージというのは非常に見ごたえがあって良いですねえ。

それでは以下全曲レビュー&総評。


[全曲レビュー]

1. 我に返るスキマを埋めろ  ★★★★★

今作のリード曲及びベストナンバー。柔らかいピアノとギターベースが絡み合いポップで楽しげな印象を持たせつつ、嘆くようなメロディと鋭くネガティブな人の心を突き刺す歌詞が特有の切ない雰囲気を醸し出しています。1曲目からこんなことを言うのも変ですが、この歌詞こそTOMOVSKYの真骨頂であると感じます。超名曲。

2. 満席  ★★★

1分と短い楽曲。他の楽曲と歌詞が関連していて、今アルバムのスパイス的な位置。全体が若干こもっていてライブっぽさ出てます。

3. AKY  ★★★

「A(あえて)K(空気)Y(読まない)」な曲。メロはキャッチーさ、そしてAメロBメロサビなどの構成を無視して同じリフを繰り返す部分や全体のギターポップ感は大木氏の敬愛しているビートルズからの影響を感じます。

4. ねる日  ★★★★

気だるげな雰囲気の曲かと思いきや一転してスカっぽいリズムと鍵盤ハーモニカ的なチープな音色が飛び交う賑やかな1曲。この妙に説得力のあるダメな歌詞が素敵。

5. 最初から下に置いておくんだ  ★★★★

リフがとてもカッコいい。どっかで聴いたことあるような感じは否めませんが。ダラッとしたメロディと歌詞や歌声との親和性は今アルバム1だと思います。

6. 記憶のコントロール  ★★★★

今作では初登場の恋愛曲。やはりただの恋愛曲ではなく、後ろ向きに上を向いて歩いている感じがTOMOVSKYらしくて良いです。「さよなら愛しい恋人よ~」のとこの転換がクセになる。名曲。

7. 突破  ★★★☆

弾き語り。M6とM8を繋げる休憩曲といった位置づけだそうで、歌詞の意味合いもM8とほぼ同じなのですが、個人的にはこの曲もM8と同じくらい好きですね。

8. スピード  ★★★☆

打って変わってテンションの上がるリードナンバー。ただ上記の通り歌詞の内容はM7と似ています。行進的なリズムを刻むドラムとストリングスが盛り上がりを引き立てて良いです。ただちょっとマスタリングがのっぺりしているなーと感じたのが惜しい。

9. 幻想特急  ★★★☆

おまけ的なM10を除いたラストはゆったりとして落ち着いた曲調。タイトルも相まって終点って感じがしますね。独特の幻想的なメロディーが心落ち着きます。

10. 我に返る (小声バージョン)  ★★★★

M1の小声バージョン。宅録DTM感のあるモサッとした雰囲気が曲に合っていて好きです。アルバムの最初と最後が同じ曲ってのも収束感があって良いですね。


[総評]

俗的で、気だるくネガティブな印象を誘いながらも非常に鋭い視点で世の中を斜視した歌詞。強いメッセージ性がストレートに反映していますが、不思議と説教臭さは感じさせずむしろ自分の中のモヤモヤした感情や思考がピンポイントで刺激されて心惹かれてしまいます。そして楽曲の方はというと、こちらは今アルバムではあまりバラエティが豊かとは言えずシンプルなものが多かったですね。全体的に基礎の部分はビートルズを始めとした英ロックからの影響が強く見られます。他のアルバムではおもちゃを彷彿とさせるカチャカチャとした笛やシンセの音などを用いた可愛らしい楽曲もあるのですが、今作は比較的一貫していて往来のバンド色が強く出ていました。メロディはとても好みなのが多いのですが、全体を通すと似た印象の曲が多いので少し退屈に感じたのが残念。とは書いたものの上を見ての通り全体的に高水準です。M1に至っては感涙してしまうほどの名曲だと感じました。あまり大きな露出をせず黙々と長年活動を続けているTOMOVSKYですが、人の心のスキマを埋めてくれる数々の名曲を生み出しているので、是非とも多くの人の耳に触れて欲しいですね。


★★★☆




スポンサーサイト
Posted on 2014/07/11 Fri. 15:43 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

コメント

長いねむけ様 こんばんは

相変わらずトモフスキーは変わっていませんねー。
素晴しい。
主流のjpopでは絶対扱わないテーマをやっていたりして
歌詞が新鮮。

自分は
うしろむきでOK!
ガン告知はいらない
辺りが好きです。

GAOHEWGII #- | URL | 2014/07/13 16:34 - edit

Re: タイトルなし

GAOHEWGIIさん、コメントありがとうございますー
トモフスキー、やはりご存知でしたか!ぼくもその2曲大好きです

歌詞の視点やトモフスキー観が非常に面白いのは勿論、アレンジもユーモアが含まれているものが多くて面白いと思いますねー

長いねむけ #- | URL | 2014/07/17 00:41 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://longsleeperisbad.blog.fc2.com/tb.php/69-eab306d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。