音楽を主食とする化物ブログ

 

                                       視聴したアルバムを図々しくちょい辛口で批評したりします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

T字路s「マヅメドキ」(2011) レビュー 

マヅメドキ


お久しぶりです。ねむけです。
やはりブログを定期的に更新するというのは難しいですね。日常生活が思いのほか忙しくなった、というのと、単純に文章を書くのが遅くてストックすらまともに溜められていないというのと、サボり癖が出てしまったのとで、1ヶ月もブログを放置してしまいました。5日に1回更新を目標としていましたが、まあ、どうせいつまでも続くわけがないというのはブログ設立当初からわかっていたことなので、今回から開き直ってもっとのんびりやっていこうかなと思います。どうか気長にお待ちください~。

というわけで今回は、日本の2ピースバンド、T字路sより2ndミニアルバムの「マヅメドキ」を紹介します。

T字路sは2005年に結成されたバンドで、現代の売れ線とは離れてますがブルージーなフォークバンドとして現在でも活動を続けております。

個人的にとても応援しているバンドなので、今か今かとレビューのタイミングを見計らっていました。これでようやく過去の自分が報われる・・・

それでは以下全曲レビュー&総評です。

[全曲レビュー]

1. 蛙と豆鉄砲  ★★★★

ウエスタンな雰囲気の1曲。郷愁を誘うメロディと歌声がとても素敵。キャッチーで且つ、Aメロ、Bメロ、サビの展開が一昔前の時代を彷彿とさせて、初聴の人でもビビッとこさせるであろう名曲です。

2. 泪橋  ★★★★☆

本作のベストナンバー良い意味で女性ボーカルだと微塵も感じさせないパワフルで魂のこもった歌声を、存分に生かしている1曲です。ただ、夢も心もないようなことを一つ言うと、かなり声帯を酷使する歌い方なので喉壊さないか心配。

3. 風来坊のララバイ  ★★★★

シャッフルのリズムのらりくらりとした雰囲気の1曲。跳ねるようなギターとメロディが西洋映画のような世界観をイメージさせます。個人的にM1~M3の流れが非常に好きです

4. あたしのブギウギ  ★★★★

こちらはオリジナルではなくカバー。原曲歌唱は浅川マキ氏で作詞が成田ヒロシ氏、作曲が南正人氏。あ、姉御・・・!と思わず言いたくなるほどしっくりくるカッコ良い詞と歌声。

5. のら犬にさえなれない  ★★★☆

こちらもカバーです。原曲はThe Street Sliders。アコギの音と相まって非常にメロディが優しく、包み込まれるような快感があります。歌詞もほろ苦く好みですが、上4曲と比べると若干曲全体の印象が控えめ。

6. 東風  ★★★☆

ラストはクールダウン、比較的落ち着いた1曲。この曲もM5と同じく印象が控えめなためこの評価ですが、総じて歌詞とメロディと歌声の親和性が非常に強くて良いですねえ。


[総評]

レトロなメロディライン渋みを効かせたソウルフルな歌声が堪らなく酔いしれさせてくれました。特に、男にも勝るほどにパワフルなボーカルは、「母は強し」といった言葉を彷彿とさせて安心感すら与えてしまいます。歌詞も、その歌声の力強さも相まってなんともどっしりとした信頼があり、節々に覗く世の中への達観が思わぬ気づきを経て心の中を侵してきたりと、とても良いと思います。ただ懸念していることは、少量でシンプルな楽器構成で真っ向から勝負しているだけに、どの曲も若干ながら似た印象を持ってしまうということですかね。コンピューターミュージックを始め様々な作曲・編曲手段が容易に可能となった現代では、一人のアーティストからでもバラエティに富んだ楽曲を作ることができますが、T字路sのような二人組バンドは、中途半端に縛られてしまい似た曲を量産してしまうといった事例をいくつか知っているので、そこだけが心配ですね。まあ、こんな曲を聴きたければT字路sを聴け!みたいな位置に来ることができれば十分に成功であるとは思いますが。何はともあれ、名盤であると思います。お酒を片手にどうか一聴を

★★★★



スポンサーサイト
Posted on 2014/06/03 Tue. 02:32 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

コメント

ねむけ様 こんばんは

復活おめでとうございます。
楽しんでやるのが一番なのでマイペースでいいと思います。
自分も若干ペースを落としました。
現在は溜まりすぎたストックを減らしている段階です。

T字路s、初めて聴きました。土台としては泉谷しげるや、中島みゆきあたりでしょうか。情念が乗っていていいですね。浅川マキのカバーもなるほどです。

「似た曲を量産してしまう」というのは自分も考えましたが
ひとまずこのアルバムでは分量が6曲なので問題なさそうですね。

GAOHEWGII #- | URL | 2014/06/08 19:16 - edit

Re: タイトルなし

GAOHEWGIIさん、コメントありがとうございます。お久しぶりです。
ペースは落ちますがまだまだ紹介したいアルバムは沢山あるので、思い出した時に来ていただけるとありがたいです。

T字路sは今時珍しいくらいに「曲」ではなく「歌」を聴かせるアーティストだなあと思います。
まだマイナーではありますが、最近ではラジオで曲が流されたりと徐々に知名度を増やしつつあるようなので、今後の展開が楽しみです。

長いねむけ #- | URL | 2014/06/14 16:21 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://longsleeperisbad.blog.fc2.com/tb.php/68-1ca13c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。