音楽を主食とする化物ブログ

 

                                       視聴したアルバムを図々しくちょい辛口で批評したりします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

Franz Ferdinand「Franz Ferdinand」(2004) レビュー 

Franz Ferdinand 2

イギリスのロックバンド、Franz Ferdinandより1stアルバムの「Franz Ferdinand」を紹介します。

Franz Ferdinandは2001年にスコットランド・グラスゴーにて結成された4人組のロックバンドです。

代々から築き上げられたUKロックンロールにポップ、ダンスといった「踊れる」要素を組み込んだ楽曲群で、その頭角を現しています。

蛇足ですが、オアシスとはあまり仲がよろしくないようで、双方でいがみ合っている様子。


[全曲レビュー]

1. Jacqueline  ★★★

寂しげなギターの弾き語りから入り、ノリの良いバンドサウンドへブレイク。音階をなぞるギターのリフがカッコいいです。ただその後の展開が退屈に感じました。

2. Tell Her Tonight  ★★★☆

裏返ったり若干ふざけたようにも感じる気の抜けたボーカル。締めの展開がイカしてます。なかなか面白くクセになる楽曲ですが、個人的なメロの好みですっきりノレないという理由でこの評価。

3. Take Me Out  ★★★★☆

本作のベストトラック。出だしから60年代を感じさせる進行とメロディーで、それだけでも疼かせるのですが、そこからテンポダウンしたと思いきやダンサブルに変化。その流れがなんとも気持ち良い。ここから更に出だしのロックンロールな流れを汲んで戻るなりして締めてくれれば文句なしの満点評価でしたが、そのままダンサブルで突っ切ってしまったのでこの評価です。

4. The Dark Of The Matinee  ★★☆

若干縦ノリ気味で前曲の余韻を残しつつも、特筆するところはなく無難なUKロックといった感じ。あまり強い印象はありませんが悪い印象もない曲。クールダウンはしてしまいますね。

5. Auf Achse  ★★★

シンセとストリングスがシリアスな雰囲気を奏でる1曲。ロックに4つ打ちのダンスミュージックのテイストが混ざったクールな楽曲ですね。

6. Cheating On You  ★★☆

先代のUKロックをなぞりすぎた感がある曲。知識が薄いのであまりはっきりとは言えませんが。ビートルズの影響は少なからずあると思います。既存の名曲に沿っているので悪くはないのですが、あまり個性がなく惹かれるものがない。強いて言うとラストのギターソロの音作りが素敵。

7. This Fire  ★★★★

縦ノリで行進したくなる力強い1曲。サビへ入る前にトーンダウンするところや、メリハリがはっきりしているところが特に好きですね。

8. Darts Of Pleasure  ★★★☆

ロッキンなギターリフとハットの裏打ちがこ気味良いです。あまりインパクトが強いわけでもなく無難にテンションを上げてくれる1曲といった印象。

9. Michael  ★★★

こちらも特にダンサブルな要素はあまりないものの普通にカッコいいロック。うーむ、それ以外は特に書く事はないですね。

10. Come On Home  ★★★★

グルーヴのあるカッティングと哀愁を感じさせるシンセのメロディーが4つ打ちのキックと融合して気持ちのいいうねりを出しています。間奏の揺らぐギターソロとシンセソロも面白い味が出ていて素敵。

11. 40'  ★★★☆

日本の古い歌謡曲を思い出させる妖しく渋いギターリフが特徴的。低音でフワフワと鳴っているシンセも良い味が出ています。

12. Van Tango  ★★★

跳ねるようなリズムでおどけた感じの賑やかな1曲。サビで加わるゲームミュージックのようなシンセが印象的です。ただやはり最後まで聴くのはダレる。

13. Shopping For Blood  ★★★★

サンバキックで陽気な気分にさせつつサビでリズムが切り替わり高揚させ、サビ終わりで一瞬静止させて間奏へ入る。この一連の流れが非常に気持ち良いです。

14. All For You, Sophia  ★★★

ダンサブルな4つ打ちでまさしくロックにダンスミュージックのフレーバーを混ぜたような曲。畝ねるように動くシンセが気持ち良いです。まあ言うに及ばず展開が退屈ですが。

15. Words So Leisured  ★★☆

ラストはドラムを抜いたシンプルな構成で弾き語り。悪くはありませんがあまり印象には残らないメロディーですかね。個人的には。


[総評]

自分の好みのズレによって1曲1曲の評価にはバラつきがあるものの、全体的に往年の名バンドのような渋さと安定感を感じさせつつダンスミュージックとの配合という近代的目論見を垣間見せ、踊れるロックという新しくも万人に認められるようなジャンルの第一線に立った、そんなことが見て取れるアルバムでした。まだかなりロック寄りというか、先人の音楽をなぞって個性が出せていないと感じる楽曲も多々ありましたが、ロックとDMが嵌った時の爆発力はかなり凄まじいものを感じさせます。果たしてこの先M3を超える名ダンスロックを作ることができるのか、はたまたぼくが聞き逃しているだけで既に他アルバムで出ているのか、いずれにせよ今後の動向を見ていきたいバンドですね。

★★★




スポンサーサイト
Posted on 2014/04/09 Wed. 23:43 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

コメント

普通にいい

長いねむけ様 こんばんは

自分もこのレビューにある通り、
伝統継承以上のものは彼らから見いだせませんでした。
でもかっこいい音楽やっていますよね。
この後も新作を出していますが、
最新作ではまたレイドバックしており、
好きな音楽をマイペースでやっている感じでしょうか。

刺激はありませんが
こういう普通のことをやっているバンドも大切なのかもしれません。

GAOHEWGII #- | URL | 2014/04/13 18:06 - edit

Re: 普通にいい

GAOHEWGIIさん、コメントありがとうございます。
自分があまりルーツの音楽に深く潜り込んでいないというのもありますが、普通で新鮮味がないにしてもやはりカッコいいものはカッコいいな、といった感想ですねえ。

またこのバンドの作品は追っていきたいと思います。

長いねむけ #- | URL | 2014/04/14 21:45 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://longsleeperisbad.blog.fc2.com/tb.php/63-8d6de965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。