音楽を主食とする化物ブログ

 

                                       視聴したアルバムを図々しくちょい辛口で批評したりします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

赤い公園「ランドリーで漂白を」(2012) レビュー 

ランドリーで漂白を 1


最近、ありがたいことに色々なレビューブロガーさんから声をかけていただいて、大変恐縮しておりますねむけです。これからもマイペースに、良い音楽を良い文章でお届けできるよう試行錯誤して努めたいと思います。

ブログ自体始めたばかりで、自分から相互リンクしましょうと声をかけられないタチなので、良かったらじゃんじゃんコメントに残して行ってください。大歓迎ですので。

というわけで、今回は日本の4人組ガールズバンド、赤い公園より2ndミニアルバム「ランドリーで漂白を」を紹介します。

赤い公園は2010年に佐藤千明氏、津野米咲、藤本ひかり、歌川菜穂の4人で結成されたホヤホヤのバンドで、2012年にメジャーデビューしてからはドラマや映画のタイアップ、特に津野氏は他の歌手への楽曲提供など、多くの仕事を引き受け短い期間に着実に知名度を上げています。

ちなみに2013年発売の1stフルアルバム「公園デビュー」も既に視聴済みですが、アルバム収録曲に残念ながら★×4以上の評価の楽曲がなかったのでレビューはしません。アルバム自体の評価は★×3でした。

そんなわけで以下全曲レビュー&総評です。


[全曲レビュー]

1. ha・ji・ma・ru・KOIGOKORO

4秒のオープニング。特にコメントなし。

2. ナンバーシックス  ★★★★

今作のベストチューン。ベストチューンらしくない変則的な曲ですが。気の抜けたサビ前と元気に跳ね上がるようなサビの緩急がとても面白いです。特にオケのアレンジとメロディーがツボに入ったのが大きいですね。展開、コーラス、編曲、合いの手と、色々なところに遊び心が入った名曲。

3. uh-huh, OK?

23秒の繋ぎ曲。M2も感じましたが、ガールズバンドなのに男性の妙な声が入ってるのがシュールでちょっと好き。

4. よなよな  ★★★

ちょっとギターの音があまり好みではありませんが曲は可もなく不可もなく。イントロは好きです。

5. Somewhere over the wink

10秒の繋ぎ。応急手当をして!なんだこれ

6. 血の巡り  ★★★☆

赤い公園的ポップロックといった感じ。王道J-ROCKのようなキャッチーさを残しつつ、独自の路線を確立しています。ただ、面白いとは感じますが、名曲というにはまだもう一歩好みに届いてないと感じたのでこの評価。

7. Prism on the picture vol. 16

10秒の繋ぎ。特にコメントなし。

8. ランドリー  ★★★☆

こちらも王道から少し外れた絶妙な仕上げの楽曲。こういう雰囲気でこんなブレイクをしてくるのか!と驚かされたり流れるようなメロと歌声が耳に残ります。欲を言えばもっとアレンジが路線から外れても良かったなと感じます。例えば後半はシューゲイザー的な要素が見受けられたので、どうせならもっとその部分はシューゲ色を濃くしても良かったなと思いました。どんどんディストーションかけていこう。

9. Children go home with the crow  ★★☆

1分の繋ぎ曲。短いですが良い雰囲気ですね。こんな感じの大人しく幼げな雰囲気で1曲フルコーラスで聴いてみたいですね。

10. 何を言う  ★★★★

オケがほぼピアノ一本のシンプルなバラード。シンプル故に小細工なしで作曲センスそのものが試されますが、見事に心射抜かれました。歌詞も、内容そのものは悪くはないけど好みでもないという感想ですが、節々に強烈な印象を残すフレーズがあったのが良かったですね。「この醜さを引き立てるんだよ」「私は私を殺してやりたくなるのさ」などなど。このフレーズの時は歌声も強調されてて特に印象深いです。


[総評]

変なことをしつつもアングラへ外れず、しっかりと売れ線のポップさとキャッチーさを絶妙な配合で混ぜ合わせた楽曲群、まだ温いと感じる部分はありますが、磨けば日本というよりも世界で売れそうなバンドだなと感じました。そしてやはりMVPを与えたいのは楽曲の制作を手がける津野米咲氏。コードや展開の裏切り方が気持ちよく、アレンジも良い。素晴らしい感性を持っていると褒めちぎりたいです。そしてトリッキーな曲が目立つ中でのM10もすごい。津野氏のポップセンスがいかんなく発揮された名曲だと感じました。アルバムとしての出来は、正直少しまとまりに欠けているなと感じたので惜しくも名盤ラインに乗っかりませんでしたが、このバンドはまさしくこれからだろうなと思います。1stフルアルバムはまだ少しブレを感じてイマイチな出来でしたが、メンバー全員まだまだ若いので、これからどう転がっていくかたのしみですね。

★★★☆


YouTubeだけでは限界を感じてきたので、今回からニコニコ動画も活用していきます。
スポンサーサイト
Posted on 2014/03/02 Sun. 12:00 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

コメント

長いねむけ様

こんばんは

状況が好転してきてよかったですね。
実は僕のページでもひっそりとリンク追加してありますよー。

僕も相互リンクは頼みにくいです。
日本人の気質なのでしょう。
だって「うちのページでリンク貼るのでそちらでも」ですよ。
いやー
言えないです。

ということで

相互リンク宜しければお願いします。

ちなみに、アクセス数を伸ばしたくて
コメントを積極的に行っているという面もあります。

このグループは
オルタナティヴ・ロックに椎名林檎を足したような
音楽性ですね。

正直、サビがはっきりしない曲を作るという印象だったのですが、
この曲は良かったです。

機会があればアルバムを聴いてみます。

JPOP中心で動画載せようとすると
日本のメーカーはYOUTUBEに寛容ではないので
(リーダートラック以外は)厳しいですよね。

特に70年代の日本の音楽は本当にキツい。

ニコニコ動画だとアカウントの手続きが発生するので
お手軽感の点で落ちますが、
ベターな判断だと思います。

GAOHEWGII #- | URL | 2014/03/02 19:44 - edit

Re: タイトルなし

GAOHEWGIIさん、いつもコメントありがとうございます。
早速こちらもリンクを追加させていただきました。恐縮です。

確かにこのバンドは椎名林檎的な垢抜けたセンスを感じさせますね。
これからどんな楽曲を作っていくのか楽しみです。

ニコニコ動画は、おっしゃる通り会員じゃない方が見るのに多少面倒な手続きがあったり、コメント欄が曲を聴く阻害になったりするのでブログに貼るのは避けてきましたが、やはりアーティストによってはYoutubeだけだと限界がありますねー。

長いねむけ #- | URL | 2014/03/02 22:24 - edit

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://longsleeperisbad.blog.fc2.com/tb.php/53-4cdd5431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。