音楽を主食とする化物ブログ

 

                                       視聴したアルバムを図々しくちょい辛口で批評したりします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

【No.03】 あぶらだこ「あぶらだこ(木盤)」(1985) レビュー 

aburadako.jpg

古くから日本のアンダーグラウンドシーンで名を轟かしているというロックバンド、あぶらだこから今回は通称「木盤」と呼ばれる1stアルバムをレビューしたいと思います。

なぜ通称なのかというと、このバンドのアルバムは全て「あぶらだこ」というタイトルなのでファンがそのアートワークからそれぞれ通名を付けてそれぞれのアルバムを区別しているのだそうです。

ちなみに「~という」とか「~だそう」とかの言い方からわかるように、ぼくはリアルタイムでシーンを追っている所謂「世代」ではありません。

このバンドを知ったのは、他のアングラバンド「ゆらゆら帝国」だとか「人間椅子」だとか「たま」だとかを追っているうちにたまたま名前を見かけたのが理由です。この辺りのバンドのレビューもそのうちしたいですねー。

それでは以下全曲レビューと総評です。


[全曲レビュー]

1. FARCE  ★★★★↓

イントロからお祭りのような縦ノリドラム。そしてそのままの勢いで突っ走るかと思いきややはり一筋縄ではいきません。ボーカルが入った途端あぶらだこの世界に取り込まれたような、奇妙な感覚に襲われました。拍子や展開に囚われないプログレのような難解さを含みながらも、しっかりとパンクロックしていてキャッチーさもあり、癖になる曲です。

2. S 60  ★★✩↑

一転してスローなイントロ、ですがやはり途中から速くなったりとテンポの変化が読めない。インスト的でところどころ何か言ってても何言ってるかわからない。何言ってるかわかってもよくわからない。ろくじゅうねんだい

3. ROW HIDE  ★★★★↓

イントロがとてもカッコいい。しかしこれをカッコいいと思えるのは、3曲目だからだとも思う。あぶらだこを知らない人がいきなりこの曲を聴かされたら「なんだこの突拍子もない変なメロは!?」ってなるような気がする。ただやはりカッコいいものはカッコいいしギターリフがイカしてるのでこの評価です。

4. 象の背  ★★★★✩↓

あぶらだこの中でも特に聴きやすい曲だと思います。前3曲とはこれまた一転して緩い雰囲気。一昔前のNHKみんなのうたを彷彿とさせます。しかし歌詞はみんなのうたの中でも鬱々とした曲以上に暗いです。しかしそんな歌詞がこの緩い雰囲気に溶け込んでる様が美しい。拍子も変わらないのであぶらだこの中では異色かも。個人的にはとても好きです。

5. 生きた午後 ★★★★↑

あぶらだこ指折りのダンスナンバー(?)。このプログレッシヴ具合とても好き。リズム隊が荒っぽくも正確にドンガラガッシャンしていて昂ぶる曲です。

6. ダーウィンの卵  ★★★★↑

ブルーハーツのような王道パンク的イントロ&コード進行。その分ボーカルの個性が遺憾無く発揮されています。素直にカッコいい!と思える1曲。歌詞の情動がとてつもない。

7. ティラノの非苦知  ★★✩↑

曲名の存在感はピカイチなのですが、リフの繰り返しが多いので曲自体はそんなに印象に残りませんでした。強いていえばベースラインが好き。

8. BUY  ★★★↑

初っ端からべべべべべべべべべべべべべーい!!と絶叫。あぶらだこしかこんなの作れない、と思わせるような個性が詰まった1曲です。曲の緩急がとても面白い。

9. PARANOIA  ★★★★✩↑

「終わり」という言葉を彷彿とさせる、哀愁のある1曲。疾走感があるのにとても寂しい気分になるのどうして・・・。ボーカルも他の曲と違い低い声で感情を吐き出すように歌っているのが印象的です。

10. 翌日  ★★★★↑

ラストトラックは7分越えの長曲でほぼインスト。だんだん盛り上がっていく構成はクラシックのそれを彷彿とさせる。いやクラシックと比べるのは全くのお門違いなんですが、なんというか、プログレッシヴの古典音楽という意味ではあってるかも。後半の絶叫の後の歌詞がとても印象深いです。ちなみにシングルヴァージョンは23分強らしい。気になります。


[総評]

30年近く前のアルバムですが、今聴いても独創的で面白い曲群だと思いました。そして全体の流れがとてもいい。特にラスト2曲は素晴らしく、この2曲に向かうために残りの7曲があるとすら感じてしまいました。紛れもない名盤だと思います。

★★★★↑



スポンサーサイト
Posted on 2013/12/05 Thu. 10:04 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://longsleeperisbad.blog.fc2.com/tb.php/5-87d1d870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。