音楽を主食とする化物ブログ

 

                                       視聴したアルバムを図々しくちょい辛口で批評したりします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

nano.RIPE「プラスとマイナスのしくみ」(2012) レビュー 

プラスとマイナスのしくみ 1

2004年に結成され、最近ではアニメとのタイアップソングなどで人気を博しつつある日本のロックバンド、nano.RIPEの2ndアルバム「プラスとマイナスのしくみ」を紹介します。

このバンドを知ったのはテレビアニメ「花咲くいろは」の主題歌でしたが、アニメ本編をほとんど見ていなかったのでその時はあまり印象に残っていませんでした。

そしてこのバンドのアルバムを聴いてみようときっかけとなったのが、そのアニメから1年以上経った2012年、テレビアニメ「人類は衰退しました」の主題歌を聴いた時ですね。

こちらはアニメ本編もぼく好みで面白く、主題歌も色々と強く印象に残ったので、その主題歌が入ったこちらのアルバムを聴いてみようと思った次第です。

それでは以下全曲レビュー&総評。

[全曲レビュー]

1. うつくしい世界  ★★★✩

アニメOPとして良い感じに受けそうな爽やかな1曲。メロも良いのですが、ちょっと全体的にありふれた感じがして良くも悪くも普通と感じました。

2. ぼくなりのおとぎ話  ★★★✩

こちらも綺麗にまとまっていて清涼感のある曲。こちらもM1と感想は大体同じ。

3. 絵空事  ★★★★

王道的な現代のJ-ROCKといった感じ。アーティストでいうとRADWIMPSなどを思い出します。ただ、こういう曲はけっこう好きですし、なによりこの曲はメロディーがとても良いですね。「自由に自由に舵を取って」のとことか凄く好き。アニメ「さんかれあ」のOPらしいです。漫画は途中まで読んでたなあ。

4. アドバルーン  ★★★✩

ポップで切ない1曲。手抜きですがこちらも感想はM1M2と大体一緒です。

5. アンサーソング  ★★★✩

夏を感じる1曲。何故そう感じたかというと、nano.RIPEの最新シングル「なないろびより」と雰囲気が似ているからですね。こちらも良い曲ですが、あちらと比べると影が薄くなってしまうのが残念。

6. ナンバーゼロ  ★★★☆

今作のリードトラック。サビの躍動感が良いですね。ただ全体的に新鮮味はしませんが。良くも悪くも王道J-ROCK。「回転」という言葉選びと使い方が好きですね。

7. よすが  ★★★✩

前曲から途端に静かになった出だし。サビの盛り上がりが開放的で良いですね。

8. ゆきのせい  ★★★★

4つ打ちの可愛らしい曲。歌声も普段より少し鼻にかけた可愛らしい感じになっています。こういうAメロ好きですねえ。オケが大人しめで、可愛らしい音色で可愛らしいリフが鳴っているような感じ。歌詞も、絵本のような柔らかい世界観で素敵です。

9. ページの中で  ★★★✩

最初のベースソロで意外性のある展開を予想しましたが、割と普通にJ-ROCKでした。ただ全体を通してベースのリフがカッコいいですね。

10. リアルワールド  ★★★★✩

アニメ「人類は衰退しました」のOP曲。明るい掛け声から始まる「OPらしい」曲に仕上がっています。アルバムを通して聴くと、この曲がこのバンドにとって異色の曲であることがよくわかります。ちなみに評価は、アニメのOP映像やら本編やらの補正がプラス✩一つ分です。

11. サクゴエ  ★★★

M6と雰囲気が近いポップロック。フェードインとフェードアウトが柔らかく素敵ですが、サビのオケがちょっと喧しく感じました。

12. かえりみち  ★★★

一転して静かなアコギ弾き語り。調べてみたら、シングルのカップリングのアレンジ&ショートバージョンっぽいですね。悪くないですが、きみコさんの歌はどちらかといえば弾き語りよりも普通に声を張って歌った方がぼくは好きです。

13. グッバイ  ★★★

2拍子の縦ノリソング。ライブの締めに合いそうな曲ですね。ただ同系統の他のアーティストの曲と比べると少し埋もれてしまうかも。例えばオフスプの「Nothingtown」とか。

14. 架空線  ★★★✩

ラストトラックです。そのまま学園モノのアニメのEDに使えそうな切ないメロディーです。歌詞は、このアルバムの中で一番印象に残りましたねー。力強い言葉で、心に響くフレーズが多かったです。

[総評]

良くも悪くも、とても安定していました。ボーカル以外にあまりnano.RIPEらしさ、みたいな個性を感じることは少なかったですが、王道的J-ROCKとしての出来はとても良いです。ぼくが好きなM10はこのアルバムの中では異色の立ち位置でしたが、M1やM6のような曲が好きな人はとことんツボに入る楽曲群だと思います。それともう一つ感じたことは、全体的に構成がアニソンっぽかったことですかね。勿論実際にアニメのOPに使われた曲がアニソンっぽいのは当たり前ですが、他のアルバム曲も曲の緩急から構成までがしっかりアニメのOPとして切り出せるようになっていて、前に紹介したUNISON SQUARE GARDENよりも、アニメから入った人には満足のできるアルバムとなっているのではないでしょうか。

★★★✩



スポンサーサイト
Posted on 2014/01/05 Sun. 20:57 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://longsleeperisbad.blog.fc2.com/tb.php/18-0a6011b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。