音楽を主食とする化物ブログ

 

                                       視聴したアルバムを図々しくちょい辛口で批評したりします

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

ゆらゆら帝国「1998 - 2004」(2004) レビュー① 

yurayura.gif


今回は、日本を代表するサイケデリックロックバンド、ゆらゆら帝国のベストアルバム「1998 - 2004」を紹介します。

このバンドはぼくの大好きなアーティストが大好きなアーティストということで聴こうと思いました。んで、とりあえずベストが出てるからベストを聴こうじゃないか、と。

ちなみにぼくがこのアルバムを聴く以前に知ってたゆら帝は園子温監督の映画「愛のむきだし」で主題歌として流れた「空洞です」のみですね。あの曲は映画の影響もあって大好きな楽曲なので、あの曲が入ったアルバムも今度聴いてみようと思います。

というわけで全曲レビュー&総評。

今回はディスクが2枚組で曲数も多いので、2回に分けてレビューしたいと思います。

[全曲レビュー]

1. グレープフルーツちょうだい (新録)  ★★★★✩

メロディーを奏でているわけでもなく、かといってラップのようにリズムを刻んでいるわけでもないのに、とてもメロディアスでグルーヴを感じる不思議な1曲。「ゆらゆら帝国」というバンドのただならぬ個性は、この1曲だけでも十分に感じ取ることができます。

2. 発光体  ★★★★

ノリノリのアッパーチューン。なんつー歌詞を書くんだこの人は。歪んだギターソロがとてもカッコいいです。

3. 夜行性の生き物3匹  ★★★★

ジャンカジャンカしたノリの1曲。PVが阿波踊りで奇妙です。後半少しダレますが歌詞がやはりカッコよく好みなので★4つ。

4. ラメのパンタロン  ★★★✩

こちらも非常にカッコいい曲なのですが途中でリフに飽きてきてしまったのでこの評価。

5. 午前3時のファズギター (FULL LENGTH VERSION)  ★★★★✩

タイトルの通り、これでもかというくらい歪ませたファズギターが暴走している曲。これがボーカルの坂本氏の声にならない絶叫に聴こえて、非常に心打ち震えました。初めて聴いた時の衝撃ったらないですね・・。

6. 待ち人  ★★★★

一転して爽やかでメロディアスな曲調。M1やM5のように、語りかけているようなゆら帝も素晴らしいですが、この曲のようにメロディアスな曲もゆら帝らしさというものがあってとてもカッコいいんですよねえ。要するにどんな曲も一貫した個性を感じて素敵です。

7. アイドル (新録)  ★★★★

タイトルからは想像できない渋いナンバー。ていうかなんでこの歌詞からこの曲名になったのか、頭の中を覗いてみたいです。

8. すべるバー  ★★★✩

昔の洋ロックっぽいリフがカッコいい。ただちょっとグッとくる要素が足りないと感じたので、この評価。

9. ゆらゆら帝国で考え中 (SINGLE VERSION)  ★★★★✩

ゆらゆら帝国の代表曲的な存在の1曲。ノリノリのアッパーチューンです。最初聴いた時はコード進行やギターソロで相対性理論を思い浮かべたのだけど、もちろん年代は逆なのであちらがゆら帝のフォロワーなのでしょうかね。

10. 恋がしたい  ★★★★

昭和歌謡的な、ゆったりしてアダルティーな曲。女性とのツインボーカルなのですが、この方は誰なのでしょう?とても垢抜けていて、良い歌声だと思います。

11. ドックンドール  ★★★✩

ウクレレの弾き語りとかで聴いてみたい曲ですね。ゆったりして退廃的な感じ。

12. ズックにロック  ★★★★

「俺はもうダメだ」とネガティブな歌詞ですが、とてもロックンロールを感じます。低音が素敵。

13. 3×3×3  ★★★★

めっちゃアバンギャルドな曲で驚きました・・・。歌詞カードを見ながら曲を聴いているのですが、初聴で歌詞カードから目を離せないぐらい引きずり込まれる恐ろしい曲です。評価は迷いましたがM1やM9のようなキャッチーさは少ないのでこの評価で。まあ、でも聴いてるうちに自分の中では評価上がるかもしれないです。

14. 誰だっけ?  ★★★★

こちらも相当アングラな雰囲気で面白いです。

15. ミーのカー (SINGLE C/W VERSON)  ★★★✩

CDで聴いた時は正直あまりパッとこなかったのですが、試しにLIVE動画を見てみたら、とてもLIVE映えするクールな曲だと気づきました。艶やかなカッコよさがありますね。

16. 冷たいギフト  ★★★★✩

なんだか、よくわからないうちに涙腺が緩む名曲。メロディーが退廃的で素晴らしいですね・・・。あとぼく、子供が合唱でコーラスに入る曲に弱いところありますね・・・。





『ゆらゆら帝国「1998 - 2004」(2004) レビュー②』に続きます
スポンサーサイト
Posted on 2013/12/28 Sat. 23:23 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://longsleeperisbad.blog.fc2.com/tb.php/13-cb8a5b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。